Q:年金の受給時期になりますが、今の給料で年金はカットされない? 
A:60~64才の方は、標準報酬月額(賞与がない場合)と1月あたりの年金額を足して28万円以下だと年金のカットはありません。 

 

Q:変形労働制を採用しているが、1日の労働時間で8時間を超えた場合、残業手当をつけなければなりませんか?
A:1日9時間まで残業手当をつける必要はありませんが、1ヶ月のシフトを従業員さんに周知させる必要があります。 

 

Q:病気で休んでいる人の給料はどうしたらよいですか?
A:社会保険に加入している従業員が連続して4日以上欠勤した場合(無給)、社会保険事務所に傷病手当金が支給申請できます。 

 

Q:就業規則はどうしても必要ですか?
A:労働基準法では、アルバイト・パートタイマーを含めて労働者が10人以上になったら就業規則を作り、労働基準監督署へ届け出なければなりません。
10人未満で、労働基準監督署へ届出が不要でも、職場での統一したルールを決めておくと、解雇基準や労働条件に相違によるトラブル防止になります。 

 

Q:従業員に残業をさせるのに何か届出が必要ですか?
A:残業及び休日出勤をするには、事前に労働基準監督署へ36協定の届出が必要です。  

 

各種手続きに関するQ&A

1時間500円(完全予約制)の

ワンコイン相談にて

ご相談ください。

2016 Sugiura Noboru Certified Administrative Procedures Legal Specialist

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now